食に関する本のブログ

「モリンガ」の奇跡 (上前琢磨)

食に関する本のブログ

今回は「モリンガの奇跡」
著者「上前琢磨」の本の要約です。

皆さんは健康についてどのように考えていますか?

私たち日本人は世界的に見ても平均寿命はトップレベルに長いのは事実です。

しかしながら、生きていてもベッドで寝たきりになっていたり、介護を受けながら生活したりする方が多いのもまた事実です。

このように真の健康とは、単に平均寿命が長いだけでなく、精神的な充実感が伴ってこそ、健康と言えるのではないでしょうか。

では、どのような食品を食べれば私たちは健康になれるのでしょうか。

その一つの答えは「スーパーフード」とも呼ばれる「モリンガ」です。

本要約では、なぜモリンガが史上最強のスーパーフードと言われているのか、そして現代の食生活をとりまく環境について詳しく解説していきますので、是非最後までお楽しみください。

本書の要点

1.現代を取り巻く食生活
2.モリンガの栄養素
3.健康寿命を伸ばす努力が重要

1.現代を取り巻く食生活

かつての日本人は健康的な食生活を送っていました。

動物性タンパク質は肉より魚で摂取し、タンパク質も大豆などの植物性タンパク質、そして野菜や海藻などを日常的にたくさんとり、低脂肪、低カロリーの食事が主体でした。

しかしながら、近年の日本は、食べ物が豊富なゆえに好きなものを好きなだけ食べるという、食生活の乱れによる栄養素の不足が様々な病気の発生の引き金になっています。

さらには土壌自体のミネラルが昔と比べると格段に減っており、野菜から十分な栄養素を摂取できなくなっているという問題もあります。

このように現代人は深刻な栄養不足に陥っていますが、その原因は日本人が「より簡単で安価、そして便利な生活を求めてきたから」です。

こうしてファストフードなどの、安くて便利な動物性タンパク質や油脂分に栄養が偏った食品を日常的に食べることによって、肥満やガンなどの健康トラブルを引き起こしたり、砂糖を毎日過剰摂取することによって糖尿病や老化を促進したりして、結果的に私たちの健康が脅かされています。

さらに、野菜の摂取量は厚生労働省が促進する基準をはるかに下回っているだけではなく、昔と比較すると最近の野菜は農薬や化学肥料などの影響でビタミンやミネラルなどの栄養価が激減しています。

このように、現代日本は、食べ物が豊富にあるにもかかわらず、栄養失調に陥っている状態にあるのです。

2.モリンガの栄養素

ここまで、現代を取り巻く食生活について解説してきましたが、「より安価で便利」を追求する現代においては、これを改善するのは非常に困難といえるでしょう。

では、私たちはこのような現代の食生活に、もう何もなす術はないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

この現代特有の栄養不足を解消してくれるものとして注目されているのが、史上最強のスーパーフード「モリンガ」です。

モリンガはワサビノキ科に属し、主にヒマラヤ山脈やインド、亜熱帯地域で栽培されています。

その1番の特徴は、何と言ってもその高い栄養価で、世界の可食植物10万種類の中で、多種多様な栄養素を世界一豊富に含んでいます。

他の野菜と比べると、一つの植物に90種類の栄養素を持っているだけではなく、野菜のように施肥や管理の手間がかかりませんし、干ばつにも強いです。

しかもモリンガは葉、花、鞘、種子、樹皮、茎のどの部分にも有用な成分が含まれています。

その栄養素の中身をざっと確認すると、まず身体の成長や生命維持に欠かせないアミノ酸が19種類ほど含まれています

しかも、先述したように現代では野菜の栄養価が下がっており、現代人はビタミンやミネラルが不足しすぎだと述べましたが、モリンガはどちらも豊富に含んでいます。

具体的には、ビタミンはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、そしてミネラルはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、セレン、亜鉛など多様です。

例えば、骨の形成にはカルシウムだけではなくマグネシウムも一緒にバランスよく摂ることが必要ですが、モリンガなら、この一つでバランスよく摂ることが可能です。

その他、炭水化物、脂肪、食物繊維、そしてポリフェノールなどの、約40種類もの抗酸化物質が含まれています。

たった一つの植物にこれほど栄養素が含まれているなんて驚きですよね!

このような豊富な栄養素ゆえに、私たち現代人の栄養の補給や体質改善にいかにモリンガが有望な植物であるかお分かりいただけるでしょう。

3.健康寿命を伸ばす努力が重要

ここまでモリンガの現代人にとっての有用性について述べてきましたが、モリンガはただ食べるだけで即効果があるようなものではありません。

モリンガは

①1日3菜を基本とする日本食を摂る
②適度な運動
③7~8時間程度の睡眠

といった、「健康寿命を伸ばす努力」をして、初めてその効果を最大限に発揮します。

モリンガ自体は薬のように即効性のあるものではありません。

この「健康寿命を伸ばす努力」をした上で、補助的に用いるものです。

たとえ寿命が伸びたとしても、その多くの時間を人の介護を必要とするような健康状態で過ごしてしまっては意味がありません。

特に現代を生きる私たちは、「平均寿命」は医療技術の発達によって長くなっても、「健康寿命」は短くなっています。

私たちは食生活や運動、睡眠を適度にとるといった、「健康寿命を伸ばす努力」を十分にした上で、モリンガで栄養を補うことでさらに健康寿命を伸ばすことができるのです。

そうすることで、モリンガは現代の新型栄養失調の解決の鍵を握る「スーパーフード」となり得るでしょう。

まとめ

今回は「モリンガの奇跡」の要約を行いました。

現代人は「安くて便利」を追求した食生活の変化によって、新型の栄養失調に悩まされています。

それを改善するためには、

①1日3菜を基本とする日本食を摂る②適度な運動③7~8時間程度の睡眠

といった「健康寿命を伸ばす努力」をした上で、栄養の補助として「モリンガ」を用いる必要があります。

モリンガは90種類以上の必須栄養素を一つで補給できる極めて優れた食品です。

是非、モリンガをあなたの食生活に取り入れて、いつまでも若々しく健康な生活を送っていきましょう

Follow me!

Twitterでフォローしよう
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました