健康に関する本のブログ

コロナに殺されないたった1つの方法(小柳津広志)

健康に関する本のブログ

今回は「コロナに殺されないたった1つの方法」著者、小柳津広志氏の本の要約です。

本書はコロナウイルスに殺されない方法をテーマに、感染しない体作りを中心に解説しています。ワクチンが全てを解決してくれると思っている方も多いようですが、ウイルスは日々変化していくものなのでそうとは限りません。根本的に感染を防ぐためには、感染しにくい体質に改善することが重要なのです。そのためには、コロナで死んでしまう本当の理由と免疫力の高め方について知っておく必要があります。本要約では、感染しにくい体質作りに不可欠な、免疫力を作る食生活について3つのポイントに分けて解説しています。

本書の要点は以下の3つです。

1、コロナ対策の効果
2、コロナにやられる本当の理由
3、自然治癒力の高め方

コロナ対策の効果

日本はコロナでの死亡率が世界的に見ても低いです。これはもともとの日本人のマスクをする、あまり相手に触れない、周囲の人に感染させてはいけない、などの習慣や文化のおかげではないかと思われてきました。しかし日本のような対策をしていない国でも、死亡率が低い国があるのです。調べると、肥満率が関係している可能性が高いことがわかったのです。肥満というのは全身に炎症が起こっている状態のため、免疫力が弱いのが原因だと考えられます。

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでも、8割の人は感染しなかったといいます。実はコロナの感染には体質の違いが大きく関係しており、大腸の腸内フローラの中にある酪酸菌が増えれば、ウイルスに感染してもすぐに倒すことができるのです。そのため感染しても無症状でいられる割合が大幅にアップするのです。今後、特効薬がいつ作られるかもわかりませんし、効果があるのかもわかりません。そのため、大腸の酪酸菌を増やす生活習慣に移行して体質改善を行うことが重要なのです。

コロナにやられる本当の理由

感染症は微生物が人間の体内や、消化管に侵入して増殖して起こす病気です。実は人類が打ち勝ったウイルスは天然痘だけなのです。その他の多くのウイルスや細菌は、私たちがワクチンを打つことで防げるというだけです。しかしインフルエンザは毎年変異しているため、ほとんど薬やワクチンでは抑えられていないのです。新型コロナもインフルエンザと同じように遺伝子が変異しやすいため、ワクチンを特効薬で対処することは難しいと言われています。

新型コロナで亡くなる理由は、人間の免疫が暴走するからです。感染した後、7日以上経つと免疫が激しく動き出し、感染した細胞とウイルスを殺します。さらにその周りにも炎症が広がり、感染していない細胞まで殺してしまうのです。その結果、肺の細胞を破壊してしまい肺炎となるのです。

このような免疫の暴走を抑えるためには食物繊維をたくさん食べることが有効です。食物繊維によって大腸の酪酸菌が増えると、酪酸菌が免疫の暴走を抑える役割を持っているため、ほとんどの人は無症状か無感染になります。感染しても初期にウイルスを体内で根絶してくれるため、感染爆発を防ぐことができるのです。

自然治癒力の高め方

免疫力が高い人はガンになりづらく、風邪やインフルエンザにも強いです。実は免疫は腸内フローラの影響を受けて大きく変化します。そして特に、大腸の酪酸菌が増えると免疫力が上昇することがわかっているのです。この酪酸菌は食物繊維をたくさん食べることで増やすことができます。食物繊維をたくさん食べると、免疫の暴走を抑える役割を持つTレグ細胞が増えるため、感染しても重症化を抑えることができるのです。そのため酪酸菌を増やせば、高齢になっても新型コロナやインフルエンザの心配をする必要がなくなります。

本書では、酪酸菌増やす食物繊維を食べることが唯一の予防方法だと言っています。酪酸菌を増やす食べ物として、ゴボウ、キクイモ、ヤーコンなどのキク科植物の根が挙げられます。これらに多く含まれているフラクトオリゴ糖が酪酸菌を増やす上で重要です。フラクトオリゴ糖はネギ、タマネギ、ニンニクなどのネギ属にも多く含まれています。これらを毎日食べることで免疫の暴走が起きにくくなるため、感染しても症状が出にくい体になります。

また、一般に免疫に良いとされている乳酸菌や発酵食品がありますが、これらではコロナに打ち勝つ体を作ることはできません。乳酸菌は食べてもほとんどが胃酸によって死んでしまいます。ヨーグルトなどは、乳酸菌が体に良いのではなく、それに含まれるタンパク質やオリゴ糖が健康に良いのです。

まとめ

ここまでで、今までのコロナ対策の効果やコロナで亡くなる人の本当の理由、どうすれば自力でコロナに打ち勝つ体を作れるのかについて解説しました。本書では、酪酸菌を増やす食物繊維を毎日食べる事を強く推奨していましたが、他にも肥満対策やストレス対策も大切だと言われています。薬を頼りにするよりも、これからの生活習慣によって強い体を作っておくことが重要なのです。

本書では、要約で扱えなかった「コロナで生き残れるか判定シート」「PCR検査、抗体検査について」なども詳しく書かれています。少しでも興味を持った人は、是非一度手に取って読んでみてください。

Follow me!

Twitterでフォローしよう
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました