食に関する本のブログ

小麦は今すぐやめなさい

食に関する本のブログ

今回は「小麦は今すぐ、やめなさい」
著者=フォーブズ弥生、監修=松宮敏恵の本です。

「最近肌の調子が悪くなった」
「白髪や抜け毛が多くなった」
「朝から体がだるい」

そんなふうに感じることってありませんか?
これらの症状の多くは、「もう歳だからしょうがないよね」といって軽く受け流されがちです。
でも、待ってください。それって本当に老化だけが原因でしょうか?
あなたのここ1週間の献立を見返してください。

その中に「小麦」が入っているのなら、この要約を聞く価値は十分にあります。
なぜなら、小麦には人間の免疫力を下げる成分が入っているからです。

本要約では、小麦に含まれるその有害な成分について詳しく解説するのと同時に、具体的な「小麦抜きの生活」の始め方について解説していきます。

是非肩の力を抜いて、気軽に楽しく、小麦なしの食生活についての知見を深め、健康と若さを手に入れましょう。

本書の要点は以下の三つです。

1.小麦に含まれる有害成分「グルテン」
2.「グルテン」は身体にどのような影響を及ぼすのか
3.明日からできる、具体的なグルテンフリーの食事

  1. 小麦に含まれる有害成分「グルテン」

小麦粉って混ぜると、ネバネバして粘着性と弾性が出てきますよね。パン、パスタ、ピザ生地、うどん、ケーキやクッキーなどはこの性質を利用して作られるメニューです。このネバネバとした粘着性と弾性は、「グルテン」という成分の作用によって生み出されるのです。つまり、普段私たちが食べる小麦を使ったあらゆるメニューは、この「グルテン」が入っているおかげなのです。

では、そもそも「グルテン」って一体何なのでしょうか?

小麦粉の成分はご存知の通り、ほとんどが炭水化物でできています。ですが、タンパク質も6~15%ほど含まれています。その中には、多くの特性を持つタンパク質が含まれており、約85%がグリアジンとグルテニンです。

グルテンとは、この小麦に含まれる「グリアジン」と「グルテニン」という2種類のタンパク質が結合することで形成される成分なのです。

しかしながら、このグルテンの中に含まれているタンパク質「グリアジン」は、血糖値を急上昇させ、脳の中の食欲をつかさどる中枢を刺激して食欲を増進させ、さらに麻薬のように依存性の高い成分でもあります

2.「グルテン」は身体にどのような影響を及ぼすのか

そんなグルテンですが、実は様々な疾患を引き起こしてしまうことが知られています。

その代表的な病気が「セリアック病」です。
この病気は、自己免疫疾患の一つで、自分の免疫システムが自らの組織を攻撃してしまう病気です。

この原因はグリテンが引き起こす小腸の炎症です。
グリテンが分解されないまま体内に入ってくると、体はそれを異物だと認識します。そのときに腸のシステムが誤って働き、自分の小腸に生えている細い突起を攻撃してしまうのです。そして、栄養素を吸収できずに、重度の栄養障害を引き起こしてしまうのです。

そのほかにも、グルテンは「グルテン不耐症」や「小麦アレルギー」といった重大な病気を引き起こしてしまします。

それだけではありません。小麦を食べることは「老化」の進行を促進してしますのです。
皆さんは、「糖化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
糖化とは、糖質とタンパク質が結びつき、タンパク質が劣化してしまう反応のことを言います。そしてこの糖化こそが、老化を促進させるのではないかと近年注目されています

体の中で糖化反応を起こすと、AGEs(終末糖化産物)と呼ばれる悪玉物質ができます。そしてこのAGEsは老化と深い関係があることが明らかになっています。
例えば、AGEsはコラーゲンを含む組織を劣化させます。そのため、AGEsが蓄積すると、肌の黄ばみが目立つようになるのです。

さらにこのAGEsが肌ではなく骨に蓄積すると骨粗しょう症、血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、目に蓄積すると白内障などの病気を引き起こすと言われており、AGEsは全身の健康に影響を及ぼしてしまうのです。

3.明日からできる、具体的なグルテンフリーの食事

ここまでの話を聞いて、「小麦がこんなに恐ろしい食品なんて知らなかった。もう明日から小麦抜きの生活にしたい。」と思われた方は少なくないでしょう。ですが、小麦はもうすでに私たちの食生活に定着しきっています。いきなり小麦を抜こうと思っても、具体的にどうすればいいのかわからない方は多いはずです。そこで本書では、どのように「グルテンメニュー」を「グルテンフリー」の食事に置き換えれば良いかの様々な例が数多く紹介されています。今回はここで、その一部を紹介していきます。

例えばパスタです。パスタは好きな方が多いので、本書の題名のように「小麦をやめなさい!」なんて言われても、それでもパスタを食べたいという方も多いのではないでしょうか。そんな方には「グルテンフリーパスタ」です。しかもインターネットのみならず、一般のスーパーでも近年グルテンフリーパスタは手に入るようになってきました。

パンはどうでしょうか?これは、小麦粉の代わりに米粉を使った米粉パンがおすすめです。米粉パンはそのもちもちした食感から、小麦粉のパンよりも好きという方もいるほど非常に美味しいです。

まとめ
今回は小麦に含まれる「グルテン」についての説明と、その身体に及ぼす悪影響、そして明日から実践できるグルテンフリーメニューについて解説していきました。食生活が欧米化してしまった現代では、小麦を使った食品が当たり前のように食されています。そんな中、「小麦をやめる」という決断をすることは、非常に勇気のある行動です。でも現代では、米粉やグルテンフリーパスタといった、グルテンフリーのメニューがだんだん充実してきているため、グルテンフリーの生活を送ることは、実はそこまで難しくありません。本書には、さらに多くのグルテンフリーのメニューの具体例がいくつも掲載されています。本要約でもっとグルテンフリーメニューについて知りたいと思った方は、是非本書をご一読いただくことをお勧めします。グルテンのない生活で、若さと健康をいつまでも保ち続けましょう。

Follow me!

Twitterでフォローしよう
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました